関西圏の中小企業家同友会会員で構成する異業種共同組合「関西同友会事業協同組合」

外国人技能実習生受入事業

外国人技能実習生の受入れ企業・技能実習生をきめ細やかにサポートします。

当組合では、「国際貢献」という、制度本来の趣旨及び組合理念にご賛同していただける企業の皆さまを対象に現地での採用面接から帰国までトータルにサポート、そして受入れ企業と技能実習生とのパートナーシップの構築に努めています。

外国人技能実習制度の趣旨

外国人技能実習制度は、開発途上国の経済発展と産業振興の担い手となる人材を育成するため、途上国の青壮年労働者を日本の産業界に受け入れ、先端技術や技能、知識の修得を支援するものです。 母国の経済発展を担う人材育成を目的とし、日本の国際協力・国際貢献事業として、重要な役割を担っています。

技能実習生を受入れできる企業

・外国人技能実習制度の対象職種であること。
・企業としての業務実態があり、決算処理が行われていること。
・労働保険・社会保険の適用事業所であること。
・技能実習生の宿泊施設が確保できること。
・労働安全衛生法に定める安全衛生上必要な措置、またはそれに準じた措置を講じていること。
・技能実習指導員、生活指導員を配置すること。

技能実習生は以下の関係法令が適用されます

● 出入国管理
・出入国管理及び難民認定法(入管法)、同法施行規則・省令 ・外国人登録法
● 労働法令
・労働基準法 ・労働契約法 ・最低賃金法 ・労働安全衛生法 ・職業安定法
● 労働保険・社会保険関係
・労働者災害補償保険法 ・雇用保険法 ・厚生年金保険法 ・健康保険法

「技能実習生受入れ」の流れ

技能実習生の受入れまでには、組合への加入・お申し込みから、現地での面接や事前講習、手続きなどを含め、6カ月程度かかります。

受入れを一貫してサポート

受入れを一貫してサポート!!

外国人技能実習生受入れの効果

効果1. 社内の活性化

技能実習生を採用することで、作業内容等の見直しによる「作業効率の改善」や、国際交流による競争意識から「社内の活性化」が期待できます。
また、技能実習生は、体力に満ちた20代前半の若い人材が多く、「日本で修得した技術・技能を自国の発展に役立てたい」、という使命感からモチベーションも高く、意欲的です。

効果2. 国際的視野の拡大

人的交流を通じて、中国・ベトナムでの委託加工や現地法人化など国際的な視野が広がります。


PAGE TOP